2011年04月07日

マザボ交換したので検証

こんにちは、少々報告が遅くなってしまいましたが愛用のマザボ(RampageⅢExtreme)が最近元気がなくお疲れ気味だったので新品に交換しました。なので一通りざっくりオーバークロック検証して見ました。

 max_bclk1
5GHz周辺でのMaxBCLKを検証したところ225MHz 
起動だけなら227MhzでもOKですがカーソルの動きに難癖あるのでチ○プセ○ト周辺にもっと電圧ぶち込めば安定するかもですね?以前のマザボだと220Mhzでもきつかったので高周波が伸びる様になりました。得に必要ありませんが念のため高倍率でも検証しましたが問題はなかったです。


アンコア耐性1
ベンチで多様する5GHzでのメモリ周りのの検証です。こちらもtRCD,tRP,tRASが以前よりも詰まり電圧も1.63VでOKでエコですね。ちなみに当メモリは当たり前ですが両面チップの2GBモジュール






常用

最後にWCG(常用)設定です。
ここで言うWCG(常用)設定とはWCG(CPU負荷率100%)の運用が連続1週間以上の稼働を想定したセッティングが条件となります。
こちらも、メモリ電圧が低くなり1.57VでOKでエコです。
以前のElpidaMGHより低電圧でローレイテンシからハイクロックまで遊べる感じです。





xtreem-overclock-brearhroughk-コピー



oc_masa at 12:10コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星