2011年10月28日

モバイルマシン(オーダーメイド)を買ってみた。

購入したのが実は少々前なんですが、これから仕事で客先に出向く事が増える事を予想して外出先でもサクサク使えるモバイルマシンをオーダーしてみましたので簡単に実力を見てみましょう

 購入基準が第一に薄くて軽くて速くてスタイリッシュって言えばもうコレしかありませんね

IMG_4228
最速モバイルマシンと名高い「vaio "Z"」だゼットw

液晶画面を閉じた状態の厚みはMacBook Airも真っ青な18.6ミリとWindows搭載機としては尋常ではない薄さです。
しかも解像度が13インチで1920×1080のHD画質。モバイルでなんて贅沢な仕様w




IMG_4248
暗闇ではLEDキーボードが光ります。
この機能が意外に暗闇での操作に重宝します 







ここからは簡単ですがこのマシンの売りでもあるパフォーマンスを見てみましよう

パイ焼き1
まずは、恒例のパイ1Mから焼いてみましょう

11. 622秒とモバイルとしては言う事なしのパフォーマンスに大満足




PCMark7
次にPCとしての実作業に徹したベンチマークプログラムPCMark7で計測

スコア4301とこれまた高スコアです。
ちなみにGPUはCPU内臓のHD3000を使用しての計測で外部GPUは使用しておりませんのでなかなかです。











名称未設定-1
次にストレージベンチ
お馴染みのCrystalDiskMarkで計測

ノートPCではありえない速度!はっきり言って爆速です
起動もドッ早なのでモバイルでは良く使うスリープなんぞも使わなくて済みます。






radish

最後は無線LANのネットワーク速度です。
計測サイトは、信頼度で定評のあるRadish Network Speed Testing さんで計測。測定サーバーは東京を選択




最後に・・・バッテリーの持ち時間は、自分の場合省電力モードや、液晶の輝度を下げるのが嫌いなのでバランスモードで使用して5時間ちょっとは連続使用できる感じです。

oc_masa at 21:30コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星